«

»

3月 06

第33回現音作曲新人賞に伊藤彰さん


前列左から、原島拓也(入選)、池田萠(入選)、増田建太(富樫賞)、伊藤彰(第33回現音作曲新人賞・聴衆賞)。後列左より、佐藤昌弘日本現代音楽協会事務局長、福井とも子審査員、新垣隆審査員、富樫敏子さん、山本裕之審査員長、福士則夫日本現代音楽協会会長。

 

審査結果の発表をする山本裕之審査員長

日本現代音楽協会(会長:福士則夫)は、2017年3月3日(金)18:00より、渋谷区文化総合センター大和田6F伝承ホールに於いて〈現代の音楽展2017〉「第33回現音作曲新人賞本選会」(審査員長:山本裕之、審査員:新垣隆、福井とも子)を開催し、譜面審査会において入選した4作品の演奏審査を行いました。
厳正な審査の結果、伊藤彰(いとう・あきら/1991年福岡県生まれ)さんの《好奇心ドリブン》が2016年度「第33回現音作曲新人賞」に選ばれました。
演奏、審査に続いて表彰式が行なわれ、福士則夫日本現代音楽協会会長より、賞状と賞金15万円が授与されました。
「富樫賞」は増田建太(ますだ・けんた)さんの《樹に窓を見る》が選ばれました(賞金10万円)。
また聴衆賞には伊藤彰さんの同作品が選ばれました。
なお、来年度の「第34回現音作曲新人賞」は、南聡日本現代音楽協会理事が審査員長を務め、募集要項は後日当協会ウェブサイトで発表します。

 

「富樫賞」…審査員が今後に期待する新人に贈る審査員特別賞。2005年度、音楽評論家であり、日本現代音楽協会賛助会員でもあった故・富樫康さんの業績を讃え、ご遺族の篤志により日本現代音楽協会が設立しました。2016年度をもって終了。

 

※応募総数18作。一次審査:2016年11月25日(金)17時〜

 

伊藤彰(左)福士則夫日本現代音楽協会会長

第33回現音作曲新人賞本選会結果
2017年3月3日[金]18:00開演 渋谷区文化総合センター大和田6F伝承ホール

■第33回現音作曲新人賞
賞状、賞金15万円、現音入会資格の認定
伊藤 彰(Akira ITO)
《好奇心ドリブン》
演奏:田村法子(二十絃箏) 山田岳(ギター) 甲斐史子(ヴィオラ)

■富樫賞(賞状、賞金10万円)
増田 建太(Kenta MASUDA)
《樹に窓を見る》
演奏:吉原佐知子(十三絃箏) 岩瀬龍太(クラリネット)

■入選(表彰状)
池田 萠(Moe IKEDA)
《硝子妄想(と、その解決)》
原島 拓也(Takuya HARASHIMA)
《極彩ドロップ No.2》

■聴衆賞(賞状)
伊藤 彰(Akira ITO)
《好奇心ドリブン》

※入選者は本選演奏順に記載してあります。全作新作初演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です