現音 バイクを手配、次は何をやる!? 松平頼曉《What’s next?》


東京オペラシティリサイタルホールのステージにバイクが登場!
そりゃなかなか上演出来なくて「訳あり!?」とも言われますよね…。

どうも、TT事務局員です。現音ブログでは時々執筆していましたが、リニューアルサイトでは初めてですね。

さて、11月24日(木)に上演する松平頼曉会員のシアターピース《What’s next?》では「ノイズメーカー」と名付けられたパフォーマー2人が、様々な物をステージに持ち込んで、いろーーーんな音を出します。その「様々な物」のひとつがバイクという訳です(ね「訳あり」でしょう?)。

そのバイクですが、どうやって手配し、どうやってホールに入れようか…と頭を抱えていたところ、音楽評論家の石塚潤一さんが救いの手を差し伸べて下さいました! なんと、ご近所のお知り合いの方がバイクを提供して下さると言うのです!

そこでお邪魔したのが都内にある桜井重雄様宅。工務店を営んでらっしゃるというお宅の玄関先まで行ってみると、ガレージに鎮座するネオクラシックな青いバイクと、赤く重厚なボディのハーレー!!

上がヒロ桜井さん、下が平川準さん所有のバイク

上がヒロ桜井さん、下が平川準さん所有のバイク

ジャジャン!これです!

青い方は桜井重雄さんのご子息、ヒロ桜井さん所有。元々はバイクショップのショー用に作られたモデルだそうですが、今はヒロさんの手によってカスタム仕様に。コンパクトボディながら250CCというスペックで、聴かせて頂いたエンジン音もクールでカッコいい!

一方の赤いハーレーは、桜井さんのご近所に在住の平川準さん所有のもの。900CCの圧巻の存在感。こちらのエンジン音はやはりズシリと重く、とは言うものの、荒々しいというよりは気品が有る感じでした。

ヒロさんのバイクのエンジン音がトランペットなら、平川さんのハーレーはバストロンボーン、そんな感じでしょうか。エンジンやマフラーの素材・形状によってこんなにも音が違うのかと、まさに楽器と同じですね。

バイクを見せて頂いた後、重雄さんの秘密の部屋(?)に通して頂きました。なんとそこは重雄さんの趣味、コレクション、夢が詰まった空間でした! ここではとても紹介しきれないので、別の訪問者のレポートをリンクさせて頂きます!

重雄さんは4〜5歳頃にして模型ボートにはまり、中学生の頃にはラジコンボートで全日本チャンピオンになったお方! そんなモーターお父さんの影響を受けないでか!息子ヒロさんもまたラジコンボートや自動車の全日本プロドリフト選手権「D1」でご活躍、レースの写真も飾ってありました。(6位入賞の大会記事PRS13型も

「こんな部屋あったんだ。近くに住んでるのに知らなかったよ」と平川さん。平川さんはご自身が画家、奥様がオルガン奏者という芸術一家。只今渋谷の「Gallery mu」で個展の真っ最中という忙しい中、快くこの企画に協力して下さった事に感謝です。

この日はヒロさんにクラシックギターを教えてらっしゃる、西野ギター製作所(埼玉県所沢市)の西野雅人さんもお見えでした。現代音楽関係者が訪問するということで、感心を持っていらして下さったそうです。嬉しい限りですね。

最後に集合写真。さて、この面々でお送りする十数年ぶりの《What’s next?》はどのような上演になるのでしょうか!? 皆様是非その目と耳でお確かめ下さい!

左から西野雅人さん、ヒロ桜井さん、桜井重雄さん、松平頼曉、福井とも子、平川準さん、石塚潤一さん

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
[第2部] 世界に開く窓〜訳あり!?
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

松平 頼曉/What’s next? [作曲1967-1971年]
メリ・ニクラ(ソプラノ) 多井 智紀・福井 とも子(パフォーマンス)

★一般券2,000円はケットぴあで販売中(当日券は3,000円)
★学生券はなんと1,000円!お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net