11月 25

2014年度富樫賞受賞の言葉〜旭井翔一


《テクノ依存症》(2014)[編成:2Pf(Pf1=4hands)/演奏:藤原亜美・菊地裕介・篠田昌伸]

旭井翔一この度富樫賞を受賞いたしました旭井翔一と申します。まず大変負担の大きい曲にもかかわらず、真摯に取り組み素晴らしい演奏をしてくださった、藤原亜美さん・菊地裕介さん・篠田昌伸さんに心より感謝申し上げます。作曲家としてあまりにも幸せで、そして貴重な経験をさせていただきました。

この賞を受賞できたことはもちろん大変有難いことですが、故・富樫康さんの奥様である富樫敏子さんから副賞を受け取るさい、笑顔で「(聴衆賞を)あなたの曲に投票しました」と仰ってくださったことがとても嬉しく、なによりも有難く思いました。

他にもその後作品を聴いてくださった方からお声をかけていただいたり、ファイナリストの方々と(少しですが)お話することもでき、また新たな作品への意欲が湧いてきました。まだまだ未熟者で至らない点も多々ありますが、この賞を励みにし今後より一層の努力を重ね精進致します。

最後にこの演奏会の関係者の方々、客席で聴いてくださった皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

▼第31回現音作曲新人賞審査結果はこちら

コメントを残す

メールアドレスは公開されません