«

»

10月 24

第31回現音作曲新人賞に山本雄一さん


前列左から、旭井翔一(富樫賞)、山本雄一(第31回現音作曲新人賞)、樋口鉄平(入選)、守屋祐介(入選)、藤原亜美(ピアノ)、篠田昌伸(ピアノ)、菊地裕介(ピアノ)、後列左から、佐藤昌弘日本現代音楽協会事務局長、金子仁美審査員、山内雅弘審査員長、中川俊郎審査員、富樫敏子さん。

前列左から、旭井翔一(富樫賞)、山本雄一(第31回現音作曲新人賞)、樋口鉄平(入選)、守屋祐介(入選)、藤原亜美(ピアノ)、篠田昌伸(ピアノ)、菊地裕介(ピアノ)、後列左から、佐藤昌弘日本現代音楽協会事務局長、金子仁美審査員、山内雅弘審査員長、中川俊郎審査員、富樫敏子さん。

講評

審査結果の発表をする山内雅弘審査員長

日本現代音楽協会(会長:福士則夫)は、2014年10月23日(木)18:30より、東京音楽大学100周年記念ホールに於いて〈現音・秋の音楽展2014〉「第31回現音作曲新人賞本選会」(審査員長:山内雅弘、審査員:金子仁美、中川俊郎)を開催し、譜面審査会において入選した4作品の演奏審査を行いました。
厳正な審査の結果、山本雄一(やまもと・ゆういち/1992年生まれ)さんの《2台のピアノと3人の奏者の為のコスモフォニー》が2014年度「第31回現音作曲新人賞」に選ばれました。
演奏、審査に続いて表彰式が行なわれ、中川俊郎日本現代音楽協会副会長より、賞状と賞金15万円が授与されました。
「富樫賞」は旭井翔一(あさい・しょういち)さんの《テクノ依存症》が選ばれました(賞金10万円)。
また聴衆賞には山本雄一さんの同作が選ばれました。
なお、来年度の「第32回現音作曲新人賞」は、金子仁美日本現代音楽協会会員が審査員長を務め、募集要項は2015年1月に当協会ウェブサイトで発表します。

※「富樫賞」…審査員が今後に期待する新人に贈る審査員特別賞。2005年度、音楽評論家であり、日本現代音楽協会賛助会員でもあった故・富樫康さんの業績を讃え、ご遺族の篤志により日本現代音楽協会が設立しました。

※応募総数29作。一次審査:2014年7月24日(木)13時〜日本現代音楽協会事務所

 

山本雄一(左)中川俊郎日本現代音楽協会副会長

山本雄一(左)中川俊郎日本現代音楽協会副会長

31回現音作曲新人賞本選会結果
2014年10月23日[木]18時30分開演 東京音楽大学100周年記念ホール

31回現音作曲新人賞
賞状、賞金15万円、現音入会資格の認定
山本 雄一(Yuichi YAMAMOTO)
《2台のピアノと3人の奏者の為のコスモフォニー》(2014)[編成:2Pf, 3players/演奏:藤原亜美・菊地裕介・篠田昌伸]

富樫賞(賞状、賞金10万円)
旭井 翔一(Shoichi ASAI)
《テクノ依存症》(2014)[編成:2Pf(Pf1=4hands)]

聴衆賞(賞状)
山本 雄一(Yuichi YAMAMOTO)
《2台のピアノと3人の奏者の為のコスモフォニー》(2014)[編成:2Pf, 3players]

旭井翔一さんに冨樫賞の目録を渡す、故・富樫康夫人の敏子さん。

旭井翔一さんに冨樫賞の目録を渡す、故・富樫康夫人の敏子さん。

入選(表彰状)
守屋 祐介(Yusuke MORIYA)
《2つの小品》(2014)[編成:2Pf]

樋口 鉄平(Teppei HIGUCHI)
《Sanctuary for piano solo》(2011-2012, 2014)[編成:Pf]

※入選者は本選演奏順に記載してあります。全作新作初演。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です