«

»

12月 25

〈現代の音楽展2014〉第1夜「ヴィブラフォンのある部屋〜featuring藤本隆文〜」2月8日(土)東京オペラシティリサイタルホールで開催


プリント
〈現代の音楽展2014—触発と対話〉第1夜
ヴィブラフォンのある部屋〜featuring藤本隆文〜
制作:久田 典子

2014年28日(土)17:30開場/18:00開演|東京オペラシティリサイタルホール

 

中川 俊郎
6 Doors (6 Pieces)
作曲2013年/初演
藤本 隆文(ヴィブラフォン)

※6つの小品からなるこの作品は、他の6作品(6部屋)へと案内する「扉」となって、曲頭、または曲間に1小品ずつ演奏されてゆき、最後の1小品は、演奏会を閉じる扉として演奏されます。

 

久田 典子
アンタレスが見える、夜の空につながる部屋
作曲2013年/初演
藤本 隆文(ヴィブラフォン)マッシュルーム(コンテンポラリーアニメーションダンス)

安田 謙一郎
「もし、四十歳若かったら」二つのヴィブラフォンとギター
作曲2013年/初演
藤本 隆文・安江 佐和子(ヴィブラフォン)藤元 高輝(ギター)

松平 頼曉
Wandering for Vibraphone
作曲2013年/初演
藤本 隆文(ヴィブラフォン)

中村 ありす
32.7°C for Vibraphone(with Cymbal)& Pianoforte
作曲2013年/初演
藤本 隆文(ヴィブラフォン)藪田 京子(ピアノ)TIDA(ダンス)

藤枝 守
Patterns of Plants, a Vibraphone Duo Set
piece 1: Gamelan Cherry no.3
piece 2: Hearn’s Hi-Mawari no.3
piece 3: Mangroves far away
piece 4: The Olive Branch Speaks no.4
作曲2013年/初演
藤本 隆文・安江 佐和子(ヴィブラフォン)

三枝 成彰
送れなかった手紙〜軍服の代わりに制服を着て、戦火へ飛びこんだ71人の学徒兵〜浦頂の戦闘で1950年8月11日、当時、中学3年生で命を落とした故イ・ウグン学徒兵の「送れなかった手紙」
作曲2013年/初演
秋山 愛美(指揮)露木 茂(ナレーション)藤本 隆文(ヴィブラフォン)横川 晴児(クラリネット)清水 のりこ(エレクトーン)

※演奏順は変更となる場合があります。

 

■チケット(全自由席)
前売一般 3,000円
当日一般 3,500円
学  生 1,500円
※学生券は日本現代音楽協会のみの取り扱いとなります。
※未就学児はご入場になれません。

東京オペラシティチケットセンター
[電話受付]10:00-18:00
03-5353-9999
[カウンター受付]11:00-19:00
東京オペラシティビル3F

日本現代音楽協会
[電話受付]10:00-17:00
03-3446-3506
[メール受付]
gendai2014(a)jscm.net

 

【主催】日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
【助成】公益財団法人花王芸術・科学財団
【後援】一般社団法人日本作曲家協議会

 

 

▼現代の音楽展2014 日程

2/28(金)19:00
協創の未来〜“競楽”優勝・入賞者によるコラボレーションリサイタル
東京オペラシティリサイタルホール

3/6(木)19:00
世界に開く窓 山内亜希ホルンリサイタル
東京オペラシティリサイタルホール

3/12(水)19:00
弦楽オーケストラ展〜21世紀の弦楽の魅力
府中の森芸術劇場ウィーンホール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です