4月 17

アコーディオンソロ作品募集!「松原智美アコーディオンリサイタル」2018年3月開催!


松原智美(アコーディオン)

2018年3月20日(火)日本現代音楽協会が関西シリーズ第5弾として開催する「松原智美アコーディオンリサイタル」において、アコーディオンソロの小品を一般公募いたします。日本現代音楽協会主催「現代音楽演奏コンクール競楽“Ⅸ”」に入選し、国内外で活躍する松原智美。松原のレパートリーとして、今後継続的に国内外の演奏会で取り上げられるであろう、多くの刺激的な作品が多数生み出されることを願っての企画です。(企画・監修:北條美香代)

 

●募集作品:未発表の新作(小品)3作品。
3〜4分程度(4分半以内)のアコーディオンソロ、他楽器やエレクトロニクスを伴わないもの。

●応募資格:年齢、国籍は問わない。日本現代音楽協会会員の応募も可能。

●応募方法:電子データ(PDFファイル)メール添付送付での応募 もしくは郵送

(1) 電子データ(PDFファイル)メール添付での応募
楽譜(PDFファイル)をメール添付で送付。メールの件名を「アコーディオン作品公募」とする。作品データには、タイトルのみ記入し、作曲者氏名は記入しないこと。メール本文に、作品タイトルと氏名、作曲年、連絡先(住所、電話、Fax番号、メールアドレス)、演奏時間、作品解説を記入して送付する。
▶︎送付先:80th@jscm.net

(2) 郵送での応募
作品にはタイトルのみ記入し、作曲者氏名は記入しないこと。別紙に作品タイトルと氏名、作曲年、連絡先(住所、電話、Fax番号、メールアドレス)、演奏時間、作品解説を記入して同封する(書式自由)。楽譜はコピー2部を提出する。
▶︎送付先:〒141-0022 東京都品川区東五反田2-5-7 山市ビル501

●締切:2017年8月31日(木)必着

●応募料:無料、ただし作品が選ばれた場合、出品料及び演奏料として20,000円が必要となります。

●審査員:松原智美(演奏者) 福井とも子(作曲家) 若林千春(作曲家) 北條美香代(制作担当者)

●演奏:2018年3月20日(火)豊中市立文化芸術センター小ホール

●お問い合わせ先:日本現代音楽協会 電話:03-3446-3506 FAX:03-3446-3507 E-mail:80th@jscm.net

 

松原智美
大阪府生まれ。8歳よりアコーディオンに親しむ。 高校卒業後、クラシックアコーディオンを学ぶため渡仏。パリ市立音楽院を経て、ドイツ国立フォルクヴァンク芸術大学・アコーディオン科芸術家コースを修了。マックス・ボネ、御喜美江各氏に師事。在独中、カールスト音楽学校のアコーディオン講師を務める。 2010年第5回JAA国際アコーディオンコンクール(東京)第3位入賞。2010年第9回現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅸ」入選。帰国後、関西を中心に定期的にコンサートを開き、ソロ・室内楽曲の委嘱・初演、アコーディオンのための 新たなレパートリーの開拓など精力的な演奏活動を展開する傍ら、大阪・奈良でアコーディオン教室を主宰。 公開セミナーの企画、奈良教育大学でアコーディオン特別講座を行う等楽器の認知・普及にも尽力している。 これまでに、読売日本交響楽団定期演奏会、御喜美江アコーディオンワークス2010、日本音楽コンクール作 曲部門本選会、茨木新作音楽展、金沢ナイトミュージアム2014等、ゲストやエキストラとしての出演多数。 読売日本交響楽団、東京シンフォニエッタ、アール・レスピラン、藝大フィルハーモニア、東京室内管弦楽 団、京都フィルハーモニー室内合奏団等と共演。オフィシャルホームページ http://matsubara-tomomi.com

8月 21

「いま聴く 生まれたての音符たち アンデパンダン展」11月29日30日の2夜に亘って全19曲上演


あのクラシックの名曲も

誕生時は最先端の音楽。

2017年秋、「現音」発の

最先端音楽と出会う二夜。

 

 

 

〈現音・秋の音楽展2017〉
いま聴く 生まれたての音符たち アンデパンダン展 第1夜

2017年1129日[水]18:00開場/18:30開演|東京オペラシティリサイタルホール

 

桃井千津子|Chizuko MOMOI
Let the Cat Out of the Bag(作曲2017年初演
土橋庸人(ギター)

森田泰之進|Yasunoshin MORITA
瞬息(作曲2017年)
福田輝久(尺八)

松岡貴史|Takashi MATSUOKA
アルトと三味線のための「古今春秋夜」(作曲2017年)
小川明子(アルト) 稀音家治乃(長唄三味線)

河内琢夫|Takuo KOCHI
ソナタ・パシフィカⅡ(作曲2015年/2017年改定初演
井上雅代(チェロ) 哲J(ディジュリドゥ) 河内琢夫(小物打楽器)

休憩

露木正登|Masato TSUYUKI
セレナードII〜バセットホルンとハープのための(作曲2017年初演
鈴木生子(バセットホルン) 鈴木真希子(ハープ)

浅野藤也|Fujiya ASANO
独白〜ピッコロ独奏のための〜(作曲2017年初演
増本竜士(ピッコロ)

ロクリアン正岡|Locrian MASAOKA
音楽昇華術 I「ある夫婦の物語」(作曲2017年初演
佐藤まどか(ヴァイオリン) 内山厚志(クラリネット)

休憩

宇野文夫|Fumio UNO
ピアノのための「破片II」(作曲2016年)
鈴木智恵(ピアノ)

田口雅英|Motohide TAGUCHI
バリトンとピアノの為の「ダバオ・タモガンの地獄」(作曲2017年初演
松平敬(バリトン) 清水友美(ピアノ)

高原宏文|Hirofumi TAKAHARA
弦楽四重奏のための”手鑑”(作曲2017年初演
松岡麻衣子・亀井庸州(ヴァイオリン) 甲斐史子(ヴィオラ) 松本卓以(チェロ)

※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮下さい。演奏順、曲名は変更となる場合が有ります。

 

制作:日本現代音楽協会事業部

 

チケット:全自由席4,000円

東京オペラシティチケットセンター インターネット予約 電話:03-5353-9999
日本現代音楽協会 電話:03-3446-3506 gendai2018(a)jscm.net www.jscm.net

主催:日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
助成:一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)
後援:一般社団法人日本音楽作家団体協議会(FCA)、一般社団法人日本作曲家協議会

 

 

〈現音・秋の音楽展2017〉
いま聴く 生まれたての音符たち アンデパンダン展 第2夜

2017年1030日[木]18:00開場/18:30開演|東京オペラシティリサイタルホール

 

飛田泰三|Taizo HIDA
Piano(作曲2017年初演
飛田泰三(ピアノ)

倉内直子|Naoko KURAUCHI
自分から最も遠い何か—ヴィオラ独奏のための(作曲2017年初演
甲斐史子(ヴィオラ)

高嶋みどり|Midori TAKASHIMA
『想』〜フルートとコントラバスのための(作曲2017年初演
下払桐子(フルート) 佐藤洋嗣(コントラバス)

休憩

橋本 信|Shin HASHIMOTO
Strange shadows(作曲2017年初演
藤本三四朗(ソプラノサクソフォン) 鈴木真希子(ハープ)

植野洋美|Hiromi UENO
Emission III – for piano solo(作曲2017年初演
植野洋美(ピアノ)

田中範康|Noriyasu TANAKA
時空の中でII  Fl.Cl.Pf.の為の(作曲2017年初演
立川和男(フルート) 武田忠善(クラリネット) 渋谷淑子(ピアノ)

休憩

遠藤雅夫|Masao ENDO
〈クリスタライズ〉4手のために(作曲2016年)
ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳江)

梶 俊男|Toshio KAJI
sculpture for contrabass(作曲2017年初演
佐藤洋嗣(コントラバス)

林 文夫 |Fumio HAYASHI
管・弦四奏者による二章(作曲2017年初演
菊地秀夫・内山厚志(クラリネット) 甲斐史子(ヴァイオリン) 松本卓以(チェロ)

※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮下さい。演奏順、曲名は変更となる場合が有ります。

 

制作:日本現代音楽協会事業部

 

チケット:全自由席4,000円

東京オペラシティチケットセンター インターネット予約 電話:03-5353-9999
日本現代音楽協会 電話:03-3446-3506 gendai2018(a)jscm.net www.jscm.net

主催:日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
助成:一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)
後援:一般社団法人日本音楽作家団体協議会(FCA)、一般社団法人日本作曲家協議会

8月 10

9月8日9日“こんせ~る しぇ~ぬ”「北陸の演奏家×現代音楽作曲家 日本海 音の交友録II」金沢のジャズバーで開催


北陸の演奏家×現代音楽作曲家
日本海 音の交遊録II

 

2017年98日(金)19:00開場 19:30開演
JAZZ&BAR RIVERSIDE(石川県金沢市)

2017年99日(土)18:30開場 19:00開演
もっきりや(石川県金沢市)

 

出演:sop.田島茂代 cl.松永彩子 pf.徳力清香
ナビゲーター:大野由加
出品作曲家:小川類 中川俊郎 橋本信 松尾祐孝 森田泰之進

 

入場料:前売2,700円/当日3,000円
主催:JSCM北陸プロジェクトチーム
共催:日本現代音楽協会(こんせ〜るしぇ〜ぬ)
後援:北國新聞社、テレビ金沢、エフエム石川
問い合わせ先:フライヤー画像をご覧ください

8月 06

卑弥呼とホームズのヴァイオリン事件簿〜第13回「ロンドンの寮生活」


こんにちは! ヴァイオリン弾きの卑弥呼こと原田真帆です。わたしの7月は鬼のように流れていきました。月のごく初めに、音楽院の作曲科の博士課程の方のピアノ協奏曲自作自演の演奏会にオーケストラの一員として参加したのを皮切りに、友人の卒業式を見守り祝い、卒業記念に演奏会を開いた指揮科の先輩のオーケストラに乗り、その後は寮の部屋の撤収に追われます。

わたしはロンドン大学(詳しくは先月のコラムをご覧ください!)の寮に住んでいたのですが、システム上年度末に一旦退寮せねばならず、約1年慣れ親しんだ部屋を空けるのはとても寂しく切ないことでした。また初のひとり暮らしだったこともあって、もちろん部屋の撤収も初。ひとりで部屋を空けられるのか不安のあまり最後の1週間はあまりよく眠れませんでした。笑

 

続きを読む »

7月 03

学校から社会から打楽器でつなぐ 音楽づくりで遊ぼう!現音 音楽づくりワークショップ9月9日開催!


現音 音楽づくりワークショップ2017 vol.5
学校から社会から打楽器でつなぐ 音楽づくりで遊ぼう!

2017年99日[土]東京学芸大学

コーディネーター:坪能克裕(日本現代音楽協会 現代音楽教育プログラム研究部会長)

 

●受付 13:00
●ワークショップ 13:30-16:30

 

日本現代音楽協会の音楽づくりワークショップシリーズ第5弾!
音楽づくりワークショップが初めてのひと、視覚に障害のあるひと、学校の音楽教師、学生、音楽の専門家も同じ目線で音楽づくり!

 

ワークショップリーダー:細田真衣子(打楽器奏者)

 

ワークショップディレクター:石上則子(東京学芸大学准教授)

ゲスト:山内雅弘(作曲家・日本現代音楽協会理事・東京学芸大学教授)
「トガトンのための三つの小品」<山内雅弘作曲>から

 

▼参加お申込み

参加料無料

日本現代音楽協会宛にメール(80th(a)jscm.net)またはFAX(03-3446-3507)にてお申し込みください。
記入項目:1.参加者氏名(よみがな)/2.職業(学生の場合は学校名)/3.電話番号/4.E-mail または FAX番号

定員:30名
締め切り:7月30日(日)(定員に達し次第受付を終了致します)

対象:原則一般(大人)年齢・性別・職業・国籍・障がいの有無、音楽的な技術の有無を問いません

付記=手持ち楽器がありましたらご持参ください。動きやすい服装でご参加ください。

 

■主催・お問合せ:日本現代音楽協会・現代音楽教育プログラム研究部会(EPCoM)電話 03-3445-3506
■助成:一般財団法人YS市庭コミュニティー財団
■協力:東京学芸大学

6月 30

卑弥呼とホームズのヴァイオリン事件簿〜第12回「ロンドンの音楽大学」


こんにちは! ヴァイオリン弾きの卑弥呼こと原田真帆です。もうすっかり夏がやってきて、ロンドンもさすがに暑い…と思いきや、長袖でないと思いがけず寒いような日が数日続いたりして、お彼岸の頃の三寒四温ではありませんが、30度を超える日と20度くらいの日を行ったり来たりしています。

そんなロンドンにはいくつか音楽大学があるのですが、しばしば聞かれるのが「ロンドンの音大ってよくわからない…」ということ。名前が似ている学校があったり、日本ではあまり知られていない学校があるため、こういった疑問が生まれてくるのは仕方がないと言いますか…わたしも自分がロンドンに意識を向けるまでは、混同していた部分があります。

そこで今回は、ここで僭越ながらロンドンの音楽大学を整理してみたいと思います。わたしはまだロンドンの音楽学校に精通しているわけではないので、概要のようにはなってしまいますが、みなさまの知識の泉のひとしずくになれば幸いです。

 

続きを読む »

古い記事へ «