「ペガサス・コンサート Vol.IV」リサイタル企画&主演者募集!

〈現音 Music of Our Time 2022〉
「ペガサス・コンサー トVol.IV」募集要項

主催:日本現代音楽協会

「ペガサス・コンサート」は、現代音楽作品の演奏に意欲的な演奏家を支援するシリーズです。演奏家が自ら企画立案して出演するリサイタル企画を広く募集します。応募者の年齢、国籍は問いません。個人、団体のいずれの応募も可能です。また、演奏分野、演奏楽器に制約はありません(電子楽器、エレクトロニクスの使用も可)。なお、応募は無料です。

●開催日時・会場

「ペガサス・コンサート」は、2022年11月から12月にかけて開催される当協会の音楽祭〈現音 Music of Our Time 2022〉の中で、下記の日程で行われます。公演のインターネット配信も行う予定です。

第1回公演:2022年12月8日(木)19:00開演(18:30開場)21:00終演
東京オペラシティ リサイタルホール

第2回公演:2022年12月9日(金)19:00開演(18:30開場)21:00終演
東京オペラシティ リサイタルホール

★上記のどちらの日程でも出演可能なことが応募の条件となります。

●会場費
上記二公演とも、演奏会当日の午後・夜間枠(13:00〜21:30)の会場費(約250,000円)を協会が負担します。公演の仕込み等の理由により午前枠を使用したい場合や、撤収作業等による21:30以降の延長料金が発生する場合は演奏者の負担となります。

●制作費補助
上記二公演とも、演奏会制作費補助として、協会より50,000円を提供します。

●チラシとプログラム冊子の制作
〈現音 Music of Our Time 2022〉の共通チラシ、ならびに共通プログラム冊子を協会が用意し、かつ制作費と印刷費を負担します。

●その他の経費
著作権料と会場付帯設備費、楽器借用(ピアノを含む)、楽器調律、楽器運搬、舞台作業に関わる人員の費用は出演者の負担となります。それらに必要な諸手配は出演者が行って下さい。

●プログラムの条件
(1) 原則として、1945年以降に作曲された作品で、2時間内の演奏会(休憩、転換を含む)を企画・構成して下さい。ただし企画の趣旨に沿うものであれば、1945年以前に書かれた作品を若干含む事も可とします。
(2) 初演の作品を1曲以上含めて下さい。(海外で初演された曲の)日本初演も可とします。なお、新作を作曲家に委嘱する場合は、出演者が用意するものとします。
(3) プログラムの曲目の少なくとも3分の1以上を日本人作品とします(できれば2分の1以上が望ましい)。

●チケットの券売と収入について
入場料は座席券が3,000円、インターネット視聴券が1,500円です。出演者へのチケットノルマはありませんが、極力、券売・集客にご協力下さい。なお、リサイタルで得られたチケット収入は、出演者がその3分の1、協会がその3分の2を収めるものとし、別途に出演料は発生しません。

●応募手続き
2022年1月6日(木)〜2022年2月4日(金)18:00必着。郵送または宅配便による送付のみとします。以下の書類(書式自由)と資料をまとめたものをお送り下さい。応募資料は返却しません。

1 . a: 応募者氏名、もしくは応募団体名とその代表者氏名 b: 応募者(応募団体代表者)の住所、電話番号、Eメールアドレス
2. 応募者(応募団体)の演奏活動実績を中心としたプロフィール
3. 応募者(応募団体)による近年の演奏の録画データ2曲以上
※1945年以降に作曲された作品の演奏としますが、リサイタルで演奏を予定している作品以外でも構いません。なお、録画データの提出が困難な場合のみ、録音データでも可とします。録画、録音は、パソコンで再生可能なデータをUSBメモリ等のメディアに収めたもの、またはDVD/Blu-ray/CDプレーヤーで再生可能な光学ディスクを提出してください。YouTubeなどのインターネットサイトへのリンクを提出資料とする事、データ便による提出は原則として不可とします。
4. リサイタルのサブタイトルと、企画・構成の趣旨を説明したもの
5. リサイタルの全演目と各曲の演奏時間 ※原則として「未定」は不可とします(「新作」の表記は可)。

●結果発表
募集締め切り後、協会理事会にて審査を行い、2022年2月末日までに二企画の採用を決定し、協会ウェブサイトで公表します。

●応募先・問合わせ先
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-19-6-2F
日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
TEL: 03-6417-0393(平日10:00-17:00)
E-mail: 80th@jscm.net

レクチャー 「エレクトロニクス(ラップトップ、Max/MSP)とピアノによる室内楽を書く」

現音 in 関西 vol. 8
LAPS Ensemble(ラップス アンサンブル)によるレクチャー
「エレクトロニクス(ラップトップ、Max/MSP)とピアノによる室内楽を書く」

 

日時2022年1月21日(金)19:00~21:00

場所Zoomによるライブ配信(アーカイブ配信もございます)

申込方法下記フォームより申込

講師
ジル・ドゥヌー(ラップトップ)
籾谷奈芳(ピアノ)
クロード・ルドゥ(作曲)

参加費無料
※通訳付き(フランス語 → 日本語)通訳:籾谷奈芳
※Max/MSPのプログラミング等についてのレクチャーではございません。

 

 日本現代音楽協会は、ベルギーのアンサンブル、LAPS Ensemble(ラップス アンサンブル)のメンバーを迎え、2023年に大阪で全曲新作初演演奏会を開催するにあたり、Max/MSP(ソフト)を使った作品を広く募集します。

 公募に際し、作品募集のためのレクチャーをZoomにて開催します。作品の応募にはこのレクチャーの視聴が必須となります。

 LAPSは、作曲家クロード・ルドゥ氏によって創られた団体ですが、ラップトップ(ノートパソコン)プレイヤー3人をメンバーに含むLAPSの最大の特徴は、彼らも演奏家として舞台に立ち、他の楽器と共演して音楽を作るというスタンスにあります。次々に作曲家に委嘱をし、様々な音楽祭に出演しているLAPSのメンバーから、ラップトッププレイヤーのジル・ドゥヌー氏、ピアニストの籾谷奈芳氏、そして作曲家で指揮者のクロード・ルドゥ氏の3人に話をしていただく予定です。

 彼らがMax/MSPで作った4種類の音の変換とピアノ1台のみで、どのような音楽を作ることができるか、またどのように記譜すれば良いのか等について探究するというのが、このワークショップの趣旨です(決してMax/MSPを中心に話をするものではございません)。Max/MSPを全く知らなくても、ソフトを持っていなくても、パソコン操作が苦手でもご参加いただけます。

 また参加者は、このレクチャーで紹介されたLAPSの音の変換プログラム(patch max)をダウンロードすることが可能です。

 ご興味ある方は是非、下記フォームよりお申し込みください。レクチャーは終了しました。アーカイブは作品募集要項とともに1月28日(金)頃公開致します。

(制作:福井とも子)

フォーラム・コンサート レポート

続きを読む

〈現音 Music of Our Time 2021〉カーゲル企画を含む全6公演を11月25日〜12月7日に開催

 

フォーラム・コンサート 第1夜
2021年1125日(木)18:30開場 19:00開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール

1.松波匠太郎/HYMN III for Violin, piano and Live electronics(作曲2021年改訂初演)
渡部真由香(ヴァイオリン)松口理子(ピアノ)北爪裕道(エレクトロニクス)

2.河野敦朗/Vision(作曲2021年初演)
菊地秀夫(クラリネット)榑谷静香(ピアノ)

3.楠 知子/気候変動より Ⅲ 光と影(作曲2021年 改訂2021年 改訂初演)
楠知子(ピアノ)

4.浅野藤也/弦楽四重奏のための音楽(作曲2021年初演)
松岡麻衣子・亀井庸州(ヴァイオリン)甲斐史子(ヴィオラ)松本卓以(チェロ)

5.深澤倫子/Sandalwood for bass clarinet solo(作曲2021年初演)
岩瀬龍太(バス・クラリネット)

6.佐藤昌弘/Un Mouvement pour Violon Solo(作曲2021年初演)
松本志絃音(ヴァイオリン)

7.露木正登/無言歌集〜バス・クラリネットとピアノのための(作曲2021年初演)
鈴木生子(バス・クラリネット)及川夕美(ピアノ)

●座席券:4,000円ネットで購入
●インターネット視聴券:1,000円ネットで購入

 

差異(ディスタンス)を越えて—第38回現音作曲新人賞本選会
2021年1126日(金)18:30開場 19:00開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール

▼第1部:現音作曲新人賞本選会
1.田中弘基/Différance for Flute and Violoncello
2.中村みちる/(Face)-to-(Face)II for Piano and Accordion
3.小林直央/Symbol 3人の奏者による
4.矢野耕我/軋みの音像 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための

▼第2部:日本現代音楽協会会員作品上演
5.伊藤 彰/袖振り合うも多生の縁(作曲2021年初演)
6.梅北直昭/アディオス・オハナ 〜ギターのための(作曲2021年初演)
7.松平頼曉/disproportion(作曲2021年初演)

※演奏順未定

【演奏】木ノ脇道元(フルート)1,3/岩瀬龍太(クラリネット)5/松岡麻衣子(ヴァイオリン)3,4/甲斐史子(ヴィオラ)4/松本卓以(チェロ)1,4,5,7/大須賀かおり(ピアノ)2,3/山田岳(ギター)6/大田智美(アコーディオン)2,5

【審査員】森田泰之進(長)、新垣隆、福井とも子

●座席一般券:3,000円 ⇒ ネットで購入
●座席学生券:1,500円 ⇒ ネットで購入
●インターネット視聴券:1,000円 ⇒ ネットで購入

 

 

フォーラム・コンサート 第2夜
2021年122日(木)18:00開場 18:30開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール

1.堀切幹夫/幼年時代より(作曲2021年初演)
及川夕美・高木早苗(ピアノ)

2.橘 晋太郎/萩原朔太郎の詩による歌曲集(作曲2021年初演)
伊藤祐子(ソプラノ)星野苗緒(ピアノ)

3.三宅康弘/Green Note―ヴァイオリンとピアノのための(作曲2021年初演)
佐藤まどか(ヴァイオリン)安田正昭(ピアノ)

4.大平泰志/Rosenkreutz(作曲2021年初演)
清水友美(ピアノ)

5.梶 俊男/sonatine(作曲2021年初演)
村田厚生(トロンボーン)梶俊男(ピアノ)

6.二宮 毅/Digital Distance(作曲2021年初演)
二宮英美歌(ピアノ)

7.小坂直敏/今若冲 蝶の図より「ゴマダラチョウ」(作曲2021年初演)
多井智紀(チェロ)小坂紘未(ピアノ)

8.田中範康/時の変容(作曲2021年初演)
武田忠善(クラリネット)松本卓以(チェロ)松山元(ピアノ)

9.ロクリアン正岡/二重奏曲「不可知なるものへの往信」(作曲2021年初演)
本橋隼人(チューバ)大岡三佐子(ピッコロ/フルート)

●座席券:4,000円 ⇒ ネットで購入
●インターネット視聴券:1,000円 ⇒ ネットで購入

 

M.カーゲル「国立劇場」より“レパートリー”
生誕90年×日本現代音楽協会90周年記念公演

2021年123日(金)18:15開場 18:30プレトーク 19:15開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール

20世紀異色の作曲家、マウリシオ・カーゲル(1931-2008)
奇天烈かつ繊細な演劇的音楽作品をお見逃しなく!
“劇場の音楽”を“映像作品”としてお届けするライブ配信も!
※生配信のみ、アーカイブ視聴は出来ません

●プレトーク:近藤譲(作曲家)「ミュージック・シアターとは」

1.マウリシオ・カーゲル/StaatstheaterよりRepertoire (作曲1970年日本初全曲演奏)

【演奏】Ree・青山貴・木ノ脇道元・新垣隆・橋本晋哉
【演出】福井とも子 【翻訳】石見舟
【企画】日本現代音楽協会国際部

●座席一般券:3,500円 ⇒ ネットで購入
●座席学生券:2,000円 ⇒ ネットで購入
●座席一般学生当日4,000円
●インターネット視聴券:3,000円 ⇒ ネットで購入

 

ペガサス・コンサート Series Vol.III
(1)篠田昌伸「ピアノソロ(?)“Synchronized”」
2021年126日(月)18:30開場 19:00開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール

 

1.コンロン・ナンカロウ/自動ピアノのためのスタディ #9, #10, #11(作曲1950-60年)

2.夏田昌和/4分音を伴う3和音のためのエチュード(作曲2021年)

3.篠田昌伸/ATONALUMORI II (作曲2021年初演)

4.ペーター・アブリンガー/声とピアノ(作曲1998年)より「ガードルード・スタイン」「ギョーム・アポリネール」「毛沢東」

5.ピエール・ジョドロフスキ/白のセリー(作曲2007年), ピンクのセリー(作曲2012年)

6.池田拓実/頂点配列(作曲2021年初演)

全曲 Piano+電子音響

エレクトロニクス:北爪裕道

●座席券:3,000円 ⇒ ネットで購入
●インターネット視聴券:1,500円 ⇒ ネットで購入

 

 

ペガサス・コンサート Series Vol.III
(2)Phidias Trio「拡張するトリオの音空間」
2021年127日(火)18:30開場 19:00開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール
 

1.クラウス・ラング/Die Drei Dirndln(作曲2007年日本初演)Cl, Vn, Pf

2.稲森安太己/スキャピュラ(作曲2020年)Bs-Cl, Vn, Pf

3.田中カレン/ウェーブ・メカニクスⅡ(作曲1994年)Vn+Elec

4.フィリップ・マヌリ/ミシガン・トリオ(作曲1992年)Cl, Vn, Pf

5.森田泰之進/音/輪IX(作曲2016年初演)Cl+Elec

6.ハイナー・ゲッベルス/バガテレン(作曲1989-2006年日本初演)Vn, Cl, Elec(Sampler)

7.佐原 洸 /星絣(作曲2021年初演)Vn, Bs-Cl, Pf + Elec

Phidias Trio:岩瀬龍太(Cl) 松岡麻衣子(Vn) 川村恵里佳(Pf)

エレクトロニクス:佐原洸

●座席券:3,000円 ⇒ ネットで購入
●インターネット視聴券:1,500円 ⇒ ネットで購入

第38回現音作曲新人賞入選者発表

第38回現音作曲新人賞の譜面審査を行いました(テーマ:差異(ディスタンス)を越えて)。
全33作の応募の中から、森田泰之進審査員長、新垣隆・福井とも子審査員による厳正な審査の結果、新人賞候補作品(入選作)に下記の4作が選ばれました。
2021年11月26日(木)19:00開演、東京オペラシティリサイタルホールにて行われる〈現音 Music of Our Time 2021〉「差異(ディスタンス)を越えて—第38回現音作曲新人賞本選会」に於いて、演奏審査により新人賞受賞作を決定します。

 

■入選作(作曲者名五十音順に表記)

小林直央(KOBAYASHI Naohisa)
《Symbol 3人の奏者による》fl, vn, pf

田中弘基(TANAKA Hiroki)
《Différance for Flute and Violoncello》

中村みちる(NAKAMURA Michiru)
《(Face)-to-(Face)II for Piano and Accordion》

矢野耕我(YANO Koga)
《軋みの音像 ヴァイオリン,ヴィオラ,チェロのための》