競楽XIII本選出場者紹介〜薬師寺典子(ソプラノ)


Photo by Ayane Shindo

▼本選演奏曲
Henri POUSSEUR/Mnémosyne(1968)
Luciano BERIO/Sequenza III(1965)
日野原 秀彦/箴言集とやさいたち〜藤富保男の詞と詩による〜(2015)

プッスール《Mnémosyne》はギリシャ神話の記憶の女神の名前です。ドイツ語のテキストが入れ替わる度にフレーズが美しく変化していきます。

私達は意味のない印である
私達は無痛である、そして
言葉をほとんど異国で失ってしまった
(Text : Friedrich Hölderlin)

ベリオの《Sequenza III》は、Give me a few words →gi/ me/ woと分解された言葉と感情が極限の部分で接触する、とても情熱的な作品です。

我々にいくつかの言葉をくれ
心配事無しに日が暮れないうちに
家を建てるための真実を
女が歌えるように
(Text : Markus Kutter)

日野原先生の《箴言集とやさいたち〜藤富保男の詞と詩による〜》は、言葉を使用する人の教訓となる箴言集と、やさいたちの愛らしい響きが交互に綴られる、とてもシュールで魅力的な作品です。
心を込めて歌います。お楽しみ頂けたら幸いです。

◎プロフィール
東京芸術大学声楽科卒業。ベルギー政府給費奨学金、野村財団奨学金を得てベルギー留学。ブリュッセル王立音楽院修士課程修了。リエージュ王立歌劇場ラヴェル「子供と魔法」子供役、ロンドンにてモンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」ヴィルトゥ役、アルスムジカ現代音楽祭など数々のオペラとコンサートに出演。これまでに玉木豊、マリアンヌ・プッスール、平山美智子、櫻田亮、ジュゼッペ・サッバティーニの各氏に師事。18/19年度イクトゥスアカデミー生。

▼予選演奏曲
Morton FELDMAN/Only(1976)
Georges APERGHIS/PUB 1(2002)
Georges APERGHIS/PUB 2(2002)

コメントは停止中