日本現代音楽協会2019年度事業予定


日本現代音楽協会2019年度事業予定

事業部長:佐藤昌弘

日本現代音楽協会ではこれまで、年度内に〈現音・秋の音楽展〉〈現代の音楽展〉という2シーズンの演奏会シリーズを開催してまいりましたが、2019年度より〈現音 Music of Our Time〉と銘打ち、一つの音楽祭として数公演を集中開催することとなりました。

■現音 Music of Our Time 2019(全7公演)
[1]フォーラム・コンサート第1夜 2019年11月28日(木)
[2]フォーラム・コンサート第2夜 2019年11月29日(金)
[3]現音・音楽づくりワークショップVol.6 “声”のさまざまな可能性にチャレンジ!(仮)
2019年11月30日(土)
[4]公募リサイタル(1) 2019年12月3日(火)
[5]公募リサイタル(2) 2019年12月5日(木)
[6]公募リサイタル(3) 2019年12月9日(月)
[7]第36回現音作曲新人賞本選会 2019年12月18日(水)
【会場】[3]以外=東京オペラシティリサイタルホール/[3]東京音楽大学

二夜にわたる[1][2]「フォーラム・コンサート」は現音会員の自由出品をプログラムとする演奏会です。

[3]「現音・音楽づくりワークショップVol.6 ~“声”のさまざまな可能性にチャレンジ!」では、現代音楽の代表的な声楽作品と唱法についてのレクチャー・演奏と、“声”をテーマとした音楽づくりワークショップを実践します。

[4]〜[6]「公募リサイタル」は、現代音楽のレパートリーに積極的な演奏家を支援する新企画です。当協会主催公演にて自身のリサイタルを企画・出演する演奏家を広く募ります。詳しくは募集要項をご覧下さい。

[6]「第36回現音作曲新人賞本選会」は、当協会事務局長の渡辺俊哉会員が審査員長・プロデューサーを務めます。音楽における「新しさ」をテーマとし、演奏会の第1部では今、現在の新しさの表現として作曲コンクール「現音作曲新人賞」の入選作を、第2部では全く対照的な二人の作曲家 H.ラッヘンマンとM.フェルドマンの作品を取り上げ、新しさや価値観の多様性を提示するとともに、聴き手に音楽の“聴取の多様性”ということについて問いかけることを企図しています。

2019年度の当協会音楽祭〈現音 Music of Our Time 2019〉にどうぞご期待下さい。

 

 

※企画内容は2018年12月現在のものであり、変更となる場合があります。

2 個のping

  1. […] Tweet Check 日本現代音楽協会は、現代音楽の上演に積極的な演奏家を支援すべく、〈現音 Music of Our Time 2019〉音楽祭の中で演奏家自身が企画・出演するリサイタルを「公募リサイタル」として募集していました。 5月19日協会事務局において、佐藤昌弘(審査員長)、赤石直哉、北爪道夫、渡辺俊哉各理事が、オブザーバーの近藤譲理事長の立ち合いの下で、応募全32企画の審査を行いました。 当初は2企画を選出する予定でしたが、予想を上回る応募に加え、非常に優れた内容が多いことから、さらに1企画を加え、全3公演を音楽祭において開催することとなりました。選出された公演は、以下の通りです。(なお、下記プログラムでの作曲者名と曲名については、応募者による表記をそのまま用いています。) 審査にあたり、1)原則的に1945年以降に作曲された作品であること、2)3分の1以上が日本人作品であること、3)世界初演または日本初演を含むこと、という募集条件に加え、優れた演奏技能と演奏表現力を有しており、かつ、企画のコンセプトとプログラミングの創造性、独自性の豊かさ、そして、一夜の演奏会としてのまとまりを十分に備えていることを審査基準としました。 日本現代音楽協会ではこの演奏家を公募するシリーズを“ペガサス・コンサート・シリーズ”として、来年度以降も〈現音 Music of Our Time〉音楽祭の中で継続開催していく予定です。 […]

コメントは停止中