日本現代音楽協会2019年度事業予定


日本現代音楽協会2019年度事業予定

事業部長:佐藤昌弘

日本現代音楽協会ではこれまで、年度内に〈現音・秋の音楽展〉〈現代の音楽展〉という2シーズンの演奏会シリーズを開催してまいりましたが、2019年度より〈現音 Music of Our Time〉と銘打ち、一つの音楽祭として数公演を集中開催することとなりました。

■現音 Music of Our Time 2019(全7公演)
(1)フォーラム・コンサート第1夜 2019年11月28日(木)
(2)フォーラム・コンサート第2夜 2019年11月29日(金)
(3)公募リサイタルVol.1 2019年12月3日(火)
(4)日本現代音楽の遺産(レガシー)Vol.1「日本現代音楽の青春」2019年12月5日(木)
(5)公募リサイタルVol.2 2019年12月9日(月)
(6)第36回現音作曲新人賞本選会 2019年12月18日(水)
(7)現音・音楽づくりワークショップVol.6 “声”のさまざまな可能性にチャレンジ!(仮)
2019年11月~12月の1日
【会場】(1)~(6)東京オペラシティリサイタルホール/(7)未定

二夜にわたる(1)(2)「フォーラム・コンサート」は現音会員の自由出品をプログラムとする演奏会です。

(3)(5)「公募リサイタル」は、現代音楽のレパートリーに積極的な演奏家を支援する新企画です。当協会主催公演にて自身のリサイタルを企画・出演する演奏家を広く募ります。詳しくは募集要項をご覧下さい。

(4)「日本現代音楽の遺産(レガシー)」は、20世紀の邦人作曲家の足跡を回顧する企画です。そのVol.1は「日本現代音楽の青春」と題し、黛敏郎、矢代秋雄、武満徹、林光など、主に故人を中心とした邦人著名作曲家の若き日の作品を特集したコンサートです。

(6)「第36回現音作曲新人賞本選会」は、当協会事務局長の渡辺俊哉会員が審査員長・プロデューサーを務めます。音楽における「新しさ」をテーマとし、演奏会の第1部では今、現在の新しさの表現として作曲コンクール「現音作曲新人賞」の入選作を、第2部では全く対照的な二人の作曲家 H.ラッヘンマンとM.フェルドマンの作品を取り上げ、新しさや価値観の多様性を提示するとともに、聴き手に音楽の“聴取の多様性”ということについて問いかけることを企図しています。

(7)「現音・音楽づくりワークショップVol.6 ~“声”のさまざまな可能性にチャレンジ!」では、現代音楽の代表的な声楽作品と唱法についてのレクチャー・演奏と、“声”をテーマとした音楽づくりワークショップを実践します。

2019年度の当協会音楽祭〈現音 Music of Our Time 2019〉にどうぞご期待下さい。

 

 

※企画内容は2018年12月現在のものであり、変更となる場合があります。

コメントは停止中