競楽XIII本選出場者紹介〜池永健二(打楽器)


▼本選演奏曲
Kevin VOLANS/She Who Sleeps with a Small Blanket(1985)

本日はケヴィン・ヴォランズ(1949-)作曲の《She Who Sleeps With A Small Blanket》を演奏いたします。ヴォランズは南アフリカ生まれで、作曲をドイツのK.シュトックハウゼンに師事しています。70年代中頃には[Neue Einfachheit (新しい単純性)]と呼ばれる音楽運動にも関係し、後のポスト・ミニマリズムの作曲家に影響を与えます。
1979年以降、アフリカへの記録旅行から得たアフリカの曲構成を用いた作曲技法をヨーロッパにもたらしました。
1985年に書かれた《She Who Sleeps With A Small Blanket》。私はこの作品と向き合う中で、この作品を表現するために修辞学に興味を持ち、人が話すこと、喋ることを改めて感じ直す日々を送っております。
私にとって太鼓を叩くことは、喋ること。そして、伝えること。何を伝えるか。日々少しずつ変化する自身の心や身体と向き合いながら、その答えをいつまでも、何処までも探求していける人生でありますよう願います。
今日と言う名誉ある、素敵な機会を頂けましたことに心から感謝しております。

◎プロフィール
愛知県立芸術大学を経て、同大大学院修士課程を修了。在学中より数々の演奏会、音楽祭に出演。2007年度アリオン賞奨励賞を受賞。大学院修了後、富士山の麓にて山籠り。ソリストとして自分にしか出来ない世界観を思案、創造しては全国各地で披露し、自分の感性と向き合ってきた。2014年より東京を拠点に演奏活動を本格的に始動。2015年からリサイタルシリーズを企画。これまでに打楽器 マリンバを故 何森博子、今村三明、神谷百子、佐野恭一、深町浩司、池上英樹の各氏に師事。また、打楽器の原点を肌で感じるべくアフリカを旅し、ケニアにてJean Cloud氏に手ほどきを受ける。

▼予選演奏曲
一柳 慧/独奏マリンバのための 源流(1990)

1 個のping

  1. […] 池永 健二(打楽器) Kenji IKENAGA Kevin VOLANS/She Who Sleeps with a Small Blanket(1985) […]

コメントは停止中