«

»

11月 28

競楽XII本選出場者紹介〜西村薫(クラリネット)


%e8%a5%bf%e6%9d%91%e8%96%ab

▼本選演奏曲
北爪 道夫/Shadows IV(1977)
Michael JARRELL/Assonance(1983/1998)

 

この度は競楽の本選に出場できることを嬉しく思います。予選では上手くいかない部分もあったので、本選では満足のいく演奏が出来るよう、より良い準備をして臨みたいと思います。

本選では北爪道夫氏とミカエル・ジャレル氏の作品を演奏します。

北爪氏の《Shadows IV》は各音の長さが厳密なリズムで描かれておらず、譜面が視覚的に印象的です。題名の”影”が変化したり揺れたりする様が、譜面からイメージされてきます。また、独特の倍音や強弱の広さ等、クラリネットの特性が存分に生かされている部分も聴きどころです。

ジャレル氏の《Assonance》は私が留学中に学んだ中でも特に思い入れのある作品で、合宿先のアルプスのペンションで毎日練習した日々を今でも思い出します。題名は韻を踏むと言うような意味があり、モチーフが繰り返し出てきたり、少し変形して出てきます。また、スラップタンギングや息混じりの音や重音奏法など様々な特殊奏法がバランス良く使われています。難曲ではありますが、作品、そしてクラリネットの魅力が伝われば幸いです。

◎プロフィール

東京音楽大学卒業。ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。渡仏し野村財団の奨学金を得ながら、オーベルヴィリエ・ラ・クールヌヴ地方音楽院などで研鑽を積む。クラリネットを三木薫、内山洋、A.ダミアン、M.ヴェルヴェル、J.コント、即興音楽をP.パニエの各氏に師事。また、即興ダンスや電子音楽も学ぶ。アンサンブル・アルテルナンスの現代音楽アトリエに参加。帰国後はオーケストラへの賛助出演、Tokyo Ensemnable Factoryでの活動等をしている。練馬区演奏家協会会員。

 

▼予選演奏曲
Bruno MANTOVANI/Bug(1999)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です