競楽XII本選出場者紹介〜井上ハルカ(サクソフォン)


%e4%ba%95%e4%b8%8a%e3%83%8f%e3%83%ab%e3%82%ab

▼本選演奏曲
Stefano GERVASONI/Phanes II(2009-10/2013)
棚田 文紀/Mysterious Morning III(1996)

 

パリ留学中からずっと出場したいと思っていた競楽への出場が叶い、この度本選で演奏できることをとても嬉しく思っています。

鼓膜を様々に刺激する音が生み出す感じたことの無い感覚、魔法のような時間に魅了されてから、現代音楽作品に意欲的に取り組むようになりました。
今回本選で取り上げるのは、どちらもパリ国立高等音楽院にて大変お世話になった二人の先生の作品です。ステファノ・ジェルヴァゾーニ先生の《Phanes II》は、蝶の羽ばたきのような繊細さの中に、綿密なポリフォニーが書かれた作品です。棚田文紀先生の《Mysterious Morning III》は私が8年前に始めて本格的に取り組んだ現代音楽作品であり、サクソフォンの国際コンクールでも頻繁に取り上げられています。当時は演奏するのに必死だった記憶がありますが、今回は当時とは全く違ったアプローチの仕方を楽しみながら取り組むことができました。これらの作品の持つ魅力を感じていただければ幸いです。

◎プロフィール

ESA音楽学院、リヨン地方音楽院を経てパリ国立高等音楽院サクソフォン科、第三高等課程DAI現代音楽クラスを修了。ブーローニュ・ビヤンクール現代音楽コンクール2014にて審査員特別賞(部門最高位)を受賞。2012年度から2014年度までヤマハ留学奨学生。Mayer財団、ADAMI財団奨学生。サクソフォンを前田昌宏、ジャン=ドニ・ミシャ、クロード・ドゥラングルの各氏に、室内楽と現代音楽をイェンス・マクマナマ、へ=スン・カンの各氏に師事。ESA音楽学院講師。

 

▼予選演奏曲
坂田直樹/Tilt-Shift(2015)