アンデパンダン出品者からのメッセージ 第2夜


アンデパンダン出品者からのメッセージ 第2夜

 

◎ まずは内本喜夫さんからのメッセージです。

内本喜夫代表作品「TSAR BOMBA」ツァーリ・ボンバ

創造者著作権利者 内本喜夫

作品No.1「TSAR BOMBA」作品設計図は本物の実物設計図を使用する。

100メガトンを遥かに超える破壊力に戻す以外はその設計図通りに造る。縦長の回転楕円体に近い弾殻の外観や大きさ形状や色や使用する材料細部に至るまで全く同じ真の3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)を実物設計図通りに史上初めて製造する。

作品No.1「TSAR BOMBA」に使用するTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)は絶対に本来の設計通りにタンパーがウラン238で破壊力が100メガトンを遥かに超える核出力の真の3F水素爆弾でなければならないのである。

核分裂-核融合-核分裂「Fission-Fusion-Fission」の三段階核反応を実現した破壊力が100メガトンを遥かに超える核出力の真の3F水素爆弾でなければならないのである。それによってのみ作品No.1「TSAR BOMBA」が完成する。

本来の設計通りのTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)は破壊力100メガトンを遥かに超える史上最大最強の究極の最終兵器である真の3F水素爆弾である。

本来の設計通りタンパーがウラン238で破壊力が100メガトンを遥かに超える真の3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)の場合ではプライマリーの爆縮型原子爆弾とセカンダリーのスパーク・プラグも含めた第一段階の核分裂反応で1.5メガトン以上第二段階のセカンダリーの核融合反応で50メガトン以上第三段階のタンパーのウラン238の核分裂反応で50メガトン以上合計して100メガトンを遥かに超える全人類完全未経験核出力が実現する史上最大最強

の究極の最終破壊兵器真の3F水素爆弾である。

以下「TSAR BOMBA」作品内容

ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が開発した人類史上最大最強の究極の最終兵器である破壊力100メガトン以上(超)の真の3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)一発のみを地球の大気圏内で核爆発させる。

1961年10月30日に地球の大気圏内で唯一実施された核爆発実験での本来の設計ではないタンパーがウラン238から鉛に変更された3F水素爆弾ではないTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)ではなくタンパーを鉛に変えずに本来の設計通りのタンパーをウラン238にした100メガトン以上(超)の破壊力の真の全人類史上最大且つ最強の究極の最終破壊兵器である3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)一発のみを使用する。100メガトン以上(超)の破壊力の全人類最終兵器真の3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)一発のみの核爆発によって地球の大気圏内で発生する無数の全ての物理現象を最大限に最も効果的に発生させる最適条件下で核爆発させる。100メガトン以上(超)の破壊力の3F水素爆弾の地球の大気圏内での核爆発遭遇は人類史上完全未経験の事象である。発生する無数のあらゆる全ての物理現象が人類史上最大最強の未知の物理現象との遭遇となる。100メガトン以上(超)の究極破壊力の真の最終兵器である3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)一発のみの核爆発によってのみ発生する無数の全ての物理現象がこの作品の全内容である。

作品No.1「TSAR BOMBA」の作品設計図は1961年10月30日に地球の大気圏内で唯一実施された核爆発実験で使用された本来の設計通りではないタンパーがウラン238から鉛に変更された3F水素爆弾ではないTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)ではなくタンパーを鉛に変えずに本来の設計通りであるタンパーがウラン238で100メガトン以上(超)の破壊力の人類史上最大最強の究極の最終兵器の真の3F水素爆弾Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)本来の真の3F水素爆弾の設計図そのもの自体全てが史上最大最強究極の最終兵器作品の作品No.1「TSAR BOMBA」の真の作品設計図そのものとなるのである。

作品設計図はソ連が1961年にTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)を開発した時に作製を行ったTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)の本物の実物設計図を使用する。タンパーが鉛ではなくウラン238の破壊力が100メガトンを遥かに超える真の3F水素爆弾であるTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)の本来の設計通りの本物の実物設計図が作品No.1「TSAR BOMBA」の唯一の作品設計図となる。

タンパーを本来の設計通りウラン238に戻して核出力破壊力100メガトンを遥かに超えるTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)に戻す以外は全て同じであるTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)をその設計図通りに造る。大きさ形状や色使用材料細部に至るまで全く同じで重量27t全長8m最大直径2mの核出力破壊力が100メガトンを遥かに超える史上完全未経験の真の3F水素爆弾であるTsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)を実物設計図通りに史上初めて造るのである。

内本喜夫著 創造者著作権利者 内本喜夫

タイトル:TSAR BOMBA ツァーリ・ボンバ

内容:書籍(作品設計図)

ISBN978-4-907628-35-2 C3042

JASRAC日本音楽著作権協会(出)許諾第1500127-501号

定価:本体10,000円+税

より抜粋。

 

《新刊DVDのおしらせ》

創造者著作権利者 内本喜夫

タイトル:TSAR BOMBA ツァーリ・ボンバ

内容:DVD

映倫審査番号 第27553号 区分G

JASRAC日本音楽著作権協会

(出)許諾第V-1406899号

定価:本体5,000円+税

書籍(作品設計図)DVDとも御購入はこちらへどうぞ

http://yoshio-uchimoto.com/  御購入者様には大規模特典有。

 

◎ 次は浅野藤也さんからのメッセージです。

「ジャック マイヨールの言葉に「音楽の美しさは、単に聞こえている音の中にあるのではない。音と音のすきまにこそ、その美しさの本質がある」とあり、この言葉をずっと考えながら作品を書き上げました。ぜひ会場で実際の生の音、演奏に触れていただき、「音と音のすきま」にも生命力が感じられる作品となったかどうか、聴いていただきたいと思っています。」

 

◎ 次は河内琢夫さんからのメッセージです。

河内琢夫

《アムール・モナムール/うちなる川》~チェロとピアノのための(2015)初演

私は蛇行する大河や大きな木の幹や根っこなど、自然界に存在するうねった形に強く惹かれます。

その形がいかにも生命の力そのもののように見えるからなのでしょうか、あるいはその中に何か霊的な力、

転生を繰り返す魂の軌跡を感じるからかもしれません。今回の新作、チェロとピアノのための《アムール・

モナムール/うちなる川》のタイトルはユーラシア大陸北東部を流れる大河、アムール川とフランス語で「わが愛」

を意味する”Mon amour”をかけた一種のアナグラムで、作品は実際の川とは別に不可視の霊的な川の流れを音に

写し取ろうとする試みです。