«

»

6月 19

第32回現音作曲新人賞 募集要項


shinsain

審査員長:金子仁美 審査員:鈴木純明・山本裕之

●テーマ:弦楽四重奏

2015年度の作曲新人賞の募集は、弦楽四重奏作品がテーマです。歴史的に見ても数々の名曲が生まれたこの編成で、21世紀の若い世代が、この厳格な編成にどう向き合い、個々の表現をどう音にするのか、大いに期待しています。(金子仁美)

●楽器編成:弦楽四重奏(2ヴァイオリン、1ヴィオラ、1チェロ)

●演奏時間:15分以内

●応募期間:2015年5月1日(金)~9月1日(火)午後5時まで(持参可)。

●応募資格:年齢、国籍は問わない。但し、過去の現音作曲新人賞受賞者、日本現代音楽協会会員は応募できない(準会員は応募可)。

●応募方法:下記提出物をまとめて送付または持参すること。

1. 応募作品総譜3部
2. 応募申込用紙(ダウンロード、もしくは任意の用紙に以下の項目を記入)
(1) 氏名(日本字とローマ字両方で表記)
(2) 生年月日(西暦)
(3) 略歴(和文)
(4) 作品名(原題および英語表記)
(5) 及び作曲年(西暦)
(6) 作品解説(和文)
(7) 楽器編成
(8) 演奏所要時間(分秒)
(9) 住所、連絡先電話番号、FAX番号、E-mailアドレス
3. 返信用封筒:審査結果を通知します。長3型(235mm x 120mm)の封筒の表に応募者の住所、氏名を明記し、82円切手を貼付のこと)
4. 参加料(下記)振込用紙のコピー

●参加料:1曲につき1万円。振込手数料を負担の上、下記口座に振込むこと。
三井住友銀行 目白支店 普通 6360842 口座名義「日本現代音楽協会」

●応募先:日本現代音楽協会「現音作曲新人賞」係(下記参照)

●応募に際しての注意事項
a. 応募作品は公開演奏会に於いて未発表であること。
b. 一人が複数作品を応募提出することは可とする。
c. かつて当賞に応募した作品であっても、入選作でなければ再応募可。
d. 作品総譜に、応募申込書への記入と同様に、作品名と作曲者名を明記すること。
e. 楽譜は、黒色の表記の鮮明なコピー、黒インクによるペン書きの表記、ノーテーションソフトを用いて作成しプリントアウトしたもの、それらのいずれかであること。
f. 一旦提出された楽譜の内容の変更や追加は認めない。
g. 万一の事故に備えて、作曲者は応募作品の控えを必ず保管すること。
h. 応募した資料は原則として返却されない。返却希望者は、予め返却費用を添えて、事前に申し出ること。
i. 一旦納入された参加料は、いかなる理由があっても返金されない。

●問合せ:要項の内容に関して不明な点は、文書(E-mail、FAX、郵送等)にて、日本現代音楽協会宛に問い合せること(氏名、連絡先を明記のこと)。

●審査:譜面審査により入選作品4曲程度を選出する(入選作品は9月中旬にウェブサイトで発表。応募者には事前通知)。入選作品は下記の演奏会に於いて演奏し入賞作品を決定する。

〈現音・秋の音楽展2015〉「第32回現音作曲新人賞本選会」
【日時】2015年11月12日(木)19:00開演(18:30開場)予定
【会場】渋谷区文化総合センター大和田6F伝承ホール
【演奏】Vn.佐原敦子・小杉結、Va.阿部哲、Vc.豊田庄吾/Vn.甲斐史子・松岡麻衣子、Va.般若佳子、Vc.宮坂拡志
◎第1部:招待作品と委嘱作品
福士則夫/Calling for string quartet(作曲2013年)
南 聡/委嘱新作(作曲2015年/初演)
◎第2部:入選作品演奏審査

●表彰
⇒【現音作曲新人賞】同賞の第32回目の受賞者となり、表彰式において賞状と賞金15万円が授与される(受賞者複数の場合は分割授与)。また日本現代音楽協会に入会を希望する場合には入会審査が免除される。
⇒【富樫賞】審査員が富樫賞にふさわしいと判断した作品に贈られる審査員奨励賞。表彰式において、賞状と賞金10万円が授与される(受賞者複数の場合は分割授与)。

●発表:以上の表彰についての発表は、本選会終了時に行う。

 

▼申し込み・問い合わせ先
日本現代音楽協会「現音作曲新人賞」係
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-5-7山市ビル501
Tel: 03-3446-3506 Fax: 03-3446-3507 E-mail: 80th (a) jscm.net
Web: www.jscm.net 開局時間:月〜金10〜17時(祝祭日除く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です