現音作曲新人賞入選者からのメッセージ〜旭井翔一


2011年にも出てたの…?

2011年にも出てたの…?

御覧の皆様初めまして。今回演奏していただくことになりました、旭井翔一と申します。このような素晴らしい演奏会に参加できることを嬉しく思い、そして関係者の皆様に心より感謝いたします。

実はここに何を書こうか非常に悩みまして…。最初は近頃旅に出ていないので、もし賞金が貰えたら常々行きたいと思っていた、沖縄の(有名な)湖に行く予定を延々書いたのですが、あまりにも…だったので書きなおしました(それはまた個人的なスペースにでも載せたいと思います)。

当然書くべきことである、今回演奏されます「テクノ依存症」について、少し説明させていただこうと思います。
この作品は2014年の6月に作曲されました(完成は締め切りのかなりギリギリでした)。まず演奏者の方々が非常に素晴らしいので、ある程度無理を言っても大丈夫だろうと思い、かなり超絶技巧な部分が含まれた楽曲となっています。
タイトルはテクノストレスの一種である「コンピュータに過剰に適応したことが原因で生じる精神的な失調症状」のことなのですが、それと音楽がどのように関係するのかは…実際に聴いていただければ理解できると思われます。
あまり多くをかたるとネタバレになってしまうので、是非会場で直に体験していただきたいです!

今回また審査員が豪華ですね…(この作曲賞は毎度そうですが)その方々が選んだ曲なので、自分以外の作品を聴くのがとても楽しみです!!!!!!

(あと他にも色々やっているので、もしご興味がおありでしたらGoogle・YouTube・Facebookなどで私の名前で検索してみてください)

 

〈現音・秋の音楽展2014〉
第31回現音作曲新人賞本選会
テーマ:ピアノ

2014年1023日(木)18:00開場/18:30開演|東京音楽大学100周年記念ホール

 

プリント(1) 守屋 祐介/2つの小品 (作曲2014年/初演)[編成:2Pf]

(2) 樋口 鉄平/Sanctuary for piano solo (作曲2011-2012, 2014年/初演)[編成:Pf]

(3) 山本 雄一/2台のピアノと3人の奏者の為のコスモフォニー (作曲2014年/初演)[編成:2Pf, 3players]

(4) 旭井 翔一/テクノ依存症 (作曲2014年/初演)[編成:2Pf(Pf1=4hands)]

ピアノ:菊地 裕介(2)(3)(4)・篠田 昌伸(1)(3)(4)・藤原 亜美(1)(3)(4)

【審査員】 山内 雅弘(審査員長)金子 仁美 中川 俊郎

※修学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮下さい。演奏順は変更となる場合があります。

 

チケット:全自由席 一般2,000円 学生1,000円

主催・チケット・お問合せ:日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
TEL: 03-3446-3506 E-Mail: aki2014(a)jscm.net

後援:一般社団法人日本作曲家協議会
助成:一般社団法人日本音楽著作権協会
協力:東京音楽大学