9月15日上野信一打楽器ワークショップ皮膜楽器特集 持ち込み作品試演も


上野信一打楽器WS2

第1回に引き続き、第2回上野信一打楽器ワークショップを9月15日(日)、13時から国立音楽大学新1号館合唱スタジオで行います。

今回のテーマは皮膜楽器です。皮膜楽器と言ってもその数は膨大にありますが、その中からいくつかの楽器を実演を交えながら説明します。実演では、エリオット・カーター《4つのティンパニのための8つの小品集》、北爪道夫《サイドバイサイド》、ヤニス・クセナキス《ルボンB》、カールハインツ・シュトックハウゼン《チクルス》などの曲の一部分を取り上げて説明する予定です。皮の質や叩く場所、そして発音の違いによって大きく音色が異なることを実際に聴いて、そして叩いて確かめることは、作曲する上でも大いに役立つでしょう。

さらに松平頼曉現音名誉会員、湯浅譲二現音名誉会員によるお話もあります。

またコンサートに向けて打楽器作品を公募する予定です。途中まで書いた楽譜や素材など、当日音を出して確かめたいものがある方は事前に楽譜を送って下さい(送付先は問合せの事/電話:03-3446-350 e-mail 80th(a)jscm.net)。曲のコンセプトをまとめたものでも構いません。ワークショップの日に試演し、それについて作曲家、演奏家を交えて意見交換します。最終的に曲が仕上がる前の段階で様々なアドヴァイスを受けることにより、このワークショップが有意義な場となることを期待します。(制作:渡辺俊哉)

 

講師・演奏:上野信一

制作:湯浅譲二(作曲/日本現代音楽協会名誉会員)
松平頼曉(作曲/日本現代音楽協会名誉会員)
渡辺俊哉(作曲/日本現代音楽協会会員)

 

日時:2013年915日(土)13:00〜
会場:国立音楽大学新1号館合唱スタジオ(玉川上水駅より徒歩8分)
参加料:1,000円(学生は学生証、現音会員は会員証提示で500円)

 

主催:日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
▪お申し込み・お問合せ 電話 03-3446-3506 メール 80th(a)jscm.net