«

»

1月 08

【現代の音楽展】第19回朝日現代音楽賞受賞記念 吉村七重箏リサイタル 2月24日JTアートホールアフィニスで開催


04yoshimura

〈扉—未知なる創造へ 現代の音楽展2013〉
第19回朝日現代音楽賞受賞記念 吉村七重箏リサイタル

2013年224日(日)17:30開場 18:00開演|JTアートホール アフィニス(虎ノ門)

制作:佐藤昌弘松尾祐孝


松尾祐孝/フォノXI~二十絃箏独奏の為に~[作曲2012年]
吉村七重(二十絃箏)

板本勝百/紫苑の小袖~二面の二十絃箏のために〜[作曲2012年/初演]
田村法子(二十絃箏Ⅰ) 坂本ゆり子(二十絃箏Ⅱ)

佐藤昌弘/ミラージュ~二十絃箏とオーボエのために[作曲2012年/初演]
吉村七重(二十絃箏) 上畠善男(オーボエ)

松永通温/分け入る夢の森[作曲2012年/初演]
吉村七重(二十絃箏) 辺見康孝(ヴァイオリン)

久田典子/Progression2012 for 20 strings koto[作曲2012年/初演]
吉村七重(二十絃箏)

福士則夫/二十絃箏と笙のための「火の鳥」[作曲2009年]
吉村七重(二十絃箏) 宮田まゆみ(笙)

 

●全自由席4,000円 チケットぴあウェブサイトで購入 電話で購入 ⇒ 0570-02-9999(Pコード188-585)

 

日本を代表する二十絃箏奏者と作曲家による新作初演プロジェクト

〈現代の音楽展2013〉のフィナーレは、2011年度の朝日現代音楽賞受賞者、箏奏者吉村七重の受賞記念リサイタル。日本現代音楽協会会員による二十絃箏のソロ作品から他楽器とのアンサンブル作品まで、いずれ劣らぬ6作品が、現代二十絃箏のトップ奏者の手を通じてさらなる輝きを放つ。

 

▼プロフィール

吉村 七重
古典箏曲と共に1971年から新しい表現を求めて二十絃箏を手掛け日本を代表する演奏家として活躍。100曲を超える作品を初演。1988年からはじめた委嘱作品によるリサイタル・シリーズは高い評価を受け、1992年文化庁芸術祭賞、 ’93第三回出光音楽賞、’94第一回日本伝統文化振興賞、’99中島健蔵音楽賞、等受賞。2010年には第19回朝日現代音楽賞と平成21年度芸術選奨文部科学大臣賞をダブル受賞。2012年に平成24年春の褒章で紫綬褒章を受章。1986年国際交流基金他の助成による海外でのコンサートを開始、ヨーロッパ、北・中・南アメリカ、アジア、中東諸国での音楽祭等にソリストとして招聘され、日本文化の紹介、国際交流に貢献を果たしている。プラハの春音楽祭、ISCM世界音楽の日々、他の現代音楽祭、カーネギー・ホール100周年への出演、ゲヴァントハウス管200年祭などオーケストラとの共演も展開。CDも多数リリースされている。吉村七重箏研究所主宰「邦楽展」では若手演奏家の育成と新作の開発に努め、成果をあげている。「日本現代箏曲研究会」代表。 ウェブサイト⇒ http://nanaehp.web.fc2.com

 

主催:日本現代音楽協会(国際現代音楽協会日本支部)
助成:芸術文化振興基金
公益財団法人ロームミュージックファンデーション
公益財団法人花王芸術・科学財団
一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です