12月 02

渋谷由香さん、松浦伸吾さん、富樫賞受賞のことば


▼第28回現音新人賞富樫賞:渋谷由香
この度は、オペラシティという素晴らしい場所で、自分の作品をたくさんの方に聴いていただく機会をいただけて、大変光栄に思っております。
微分音程を12平均律ではない音律としてここまで規定して使用した曲を、実際の音にする機会というのは初めてに等しかったのですが、想像していたとおりの音の世界が確認でき、嬉しかったと同時に自分の音楽というものがより明確になりました。そして、富樫賞と聴衆賞という賞をいただく事ができたことは、今後の励みとなりました。聴きにいらしてくださった方々、関係者の方々、どうもありがとうございました。

 

▼第28回現音新人賞富樫賞:松浦伸吾
第28回現音新人賞入選、及び富樫賞を頂くこととなりました、作曲の松浦伸吾と申します。このような結果を得たことをとても喜んでおります。自作品を演奏してくださった、ヴァイオリンの竹内さんと星野さん、そしてピアノの兼重さんに対して、大きな感謝を抱かずにはいられません。有難うございました。
この作品は自分の中に起こったイメージ—霧中の紅—を全く自由に、言い換えれば、作曲技法やコンセプトをあえて固めずに描き進めたものでした。今日までに蓄え、鍛え上げてきた数々の作曲技法や音楽的アイデアを全て机上にばらまき、必要に応じてそれらを楽譜に塗りつけていった。直感を前面に押し出した結果いつの間にか作品が組み上がっていた、という印象を私は持っていますが、それに対して何らかの評価を頂けたことは非常に心強く思います。今回の経験によって、感性と構築力への自信を少しばかり得ることができました。
ちなみに私も大体400文字です(笑)。

 

▼富樫賞(2005年設立)歴代受賞者

2005年度第22回現音作曲新人賞:山根明季子《Transcend》
2006年度第23回現音作曲新人賞:該当作品なし
2007年度第24回現音作曲新人賞:稲森安太己《ミンネザング》
2008年度第25回現音作曲新人賞:秋元美由紀《Catalyst〜連鎖》
2009年度第26回現音作曲新人賞:田口和行《葉桜》
2010年度第27回現音作曲新人賞:該当作品なし
2011年度第28回現音作曲新人賞:渋谷由香《不均等音律による6つの風景2》松浦伸吾《霧中の紅》

コメントを残す

メールアドレスは公開されません