11月の主催公演(3) 世界に開く窓


世界に開く窓〜古往今来

世界に開く窓〜古往今来

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

一般券2,000円はケットぴあで販売中(当日券は3,000円)

★学生券はなんと1,000円!お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net

 

[第1部] 18:00〜19:00 第28回現音作曲新人賞本選会

旭井 翔一/水曜日の夢 [作曲2011年/初演]
1988年福井県生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科に在籍中。野平一郎、土田英介、徳永崇、篠田昌伸の各氏に師事。
多久 潤一朗(フルート) 上畠 善男(オーボエ) 永田 由貴(コントラバス)

酒井 信明/Nana [作曲2008年/初演]
1976年兵庫県生まれ。大阪芸術大学音楽学科、京都市立芸術大学音楽学部作曲専攻を卒業。松永通温、中村典子の各氏に師事。
多久 潤一朗(ピッコロ) 星野 沙織(ヴァイオリン) 福井 弘康(バスーン)

渋谷 由香/Six Landscapes in Unequal Temperament 2 [作曲2011年/初演]
1981年生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。現在同大学院博士後期課程に在籍中。第19回京都芸術祭新人賞受賞。
竹内 弦(ヴァイオリン) 藤原 歌花(ヴィオラ) 多井 智紀(チェロ)

松浦 伸吾/霧中の紅 [作曲2011年/初演]
1979年生まれ。大阪音楽大学音楽学部作曲学科を経て同大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。近藤圭、久保洋子の各氏に師事。
竹内 弦・星野 沙織(ヴァイオリン) 兼重 稔宏(ピアノ)

審査員長:近藤 譲 審査員:野平 一郎山本 裕之
現音作曲新人賞=賞状、賞金15万円 富樫賞=賞状、賞金10万円 21時頃より結果発表、及び表彰式

 

世界に開く窓〜古往今来

世界に開く窓〜古往今来

[第2部] 19:00〜21:00 世界に開く窓〜訳あり??

昨年度より日本現代音楽協会は創立80周年記念の演奏会を催しています。いつもは会員の作品発表が中心となっていますが〈現音・特別音楽展2011〉シリーズではそれに加えて、国内外の様々な作曲家の名作の中から楽器編成ごとに数曲を選んで皆様にお届けすることになっています。シリーズ第1回となるこの「世界に開く窓」ではさらに少し趣向を凝らしちょっと「訳あり??」な作品をいくつかプログラムに入れてみました(「訳あり」と言っても決して「難あり」ではありません!)。これらの作品は「何かの理由で演奏機会が少なくなってしまった名作」に他なりません。どういう理由なのかは是非とも会場で実際に見て聴いていただきたいと思いますが、ともかくこの演奏会、準備がかなり大変であることだけは確かです。プログラムの中には15年に一度くらいしか演奏されないものや、海外ではよく演奏されているのに日本では初めてというもの、再演のための「コンパクト性」など全く考えていないような大胆な曲や、また「音楽作品の上演」そのものについて改めて考えさせられるような曲等々があり、どれも皆様にお伝えしたい、残していきたいと願うような作品ばかりです。事情はさておき、お聴き下さる皆様にはゆっくりとただ楽しんでいただければ嬉しいと思います。 (制作:福井 とも子

ジョルジュ・アペルギス(ギリシャ)/Le corps à corps [作曲1978年]
畑中 明香(ザルブ)

マウリシオ・カーゲル(アルゼンチン/ドイツ)/Schattenkläng [作曲1995年]
上田 希(バスクラリネット)

南 聡/私の遊星気分 [作曲2000年/東京初演]
曽我部 清典(トランペット) 中川 俊郎(ピアノ)

山本 裕之/無伴奏モノ・オペラ《想像風景》 [作曲2000年]
池田 萠(パフォーマンス)

松平 頼曉/What’s next? [作曲1967-1971年]
メリ・ニクラ(ソプラノ) 多井 智紀・福井 とも子(パフォーマンス)

スコラダトゥーラ(特殊調弦)は初めて…ヴィオラ藤原歌花/第28回現音作曲新人賞本選会


皆様こんにちは。今回の新人賞で渋谷由香さんの作品を演奏させていただくヴィオラの藤原歌花です。

作曲新人賞の本選会で演奏させていただくのは何回目でしょうか。嬉しいことに何度も演奏させていただいています。毎回同年代の作曲家の方との出会いを楽しみに、そして作品に触れることを嬉しく、さらに「本選会での演奏」という責任を感じながら充実した時間を過ごさせていただいています。

作曲の渋谷さん、そして今回共に演奏するヴァイオリン竹内君、チェロ多井君とは大学の同級生なんです(竹内君は一つ下ですが、おつきあいが長いので同級のノリです)。私が大学に入学し、現代音楽に興味を持ち始め、多井君らとライヒやナイマンを遊び半分?でちょこちょこ弾いたり、作曲科のおさらい会や試験を聴きに行ったり時には演奏したりしているうちに渋谷さんとも知り合って、、、という具合です。

しかし残念なことに今まで渋谷さんの作品を演奏する機会には恵まれず、最近は竹内君や多井君と演奏することもなかなかなかったので今回の本選会をとても楽しみにしていました!リハーサルが2回終わりましたが、リラックス&和やかムードであっという間に時間が過ぎてしまいます。

今回の渋谷さんの作品では、なんというか懐かしい空気感、哀しさ、内省的な激しさを感じます。時折キラッと輝く瞬間もあったり。現代音楽ってなんだろう?と思うことがありますが「音による絵」なのではと。今回の渋谷さんの作品は「6つの風景」ということですが、まさしくそれぞれの風景の色合い、情感が演奏していると見えてきそうな、でもすごく曖昧なようで自分の知っている「何か」を感じさせる不思議な感覚です。スコラダトゥーラ(特殊調弦)は初めてだったので不安がありましたが、この作品ではものすごく自然であり必然的なため弾いていてそれを忘れてしまうほどです。

しかしながら自分の思うことを演奏に表現すること、作品の意図することを正確に演奏することはなかなか難しいものでありますから、全力を尽くして本番に臨みたいと思っています!

 

藤原歌花

藤原歌花

●藤原歌花(ふじわらうたか/ヴィオラ)
東京藝術大学音楽学部附属高校、同大学を卒業。藝大フィルハーモニア団員、兵庫芸術文化センター管弦楽団アソシエイトメンバーを経て、現在東京藝術大学大学院修士課程2年に在学中。同時にオーケストラ、室内楽、現代音楽、ライブ、スタジオワーク等多方面で活動中。

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
[第1部] 第28回現音作曲新人賞本選会
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

★一般券2,000円(当日券3,000円)学生券はなんと1,000円!
▼お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net

お、これは譜読みに時間がかかりそうだな…ピアノ兼重稔宏/第28回現音作曲新人賞本選会


アイルランド、ダブリンにて。撮影:兼重稔宏

アイルランド、ダブリンにて。撮影:兼重稔宏

新人賞の本選会にて松浦伸吾さんの作品《霧中の紅》でピアノを演奏させて頂きます、兼重稔宏です。

まず初めにスコアを初めに見たときの印象は正直「お、これは譜読みに時間がかかりそうだな・・・」という、非常にネガティブなもの(失礼!)でしたが、アンデパンダン展で浅野藤也さんの作品を演奏し終えゆっくりと読み進めるに連れて、響の変容の中にある動きや静寂、色彩の変化がとても面白く感じられました。

とはいえ難解な作品なので、とても不安な気持ちで初合わせに向かったのですが作曲者の松浦さんのお話を伺ってからは彼のこの作品に対する姿勢がとても率直に伝わるとともに、ヴァイオリンのお二人(竹内弦さん、星野沙織さん)との対話に重きを置けるということで24日に演奏させて頂くのがとても楽しみです。

私事ながら、今後の予定と致しましては新日本フィルハーモニー交響楽団の室内楽シリーズや先輩のチェリストである内田佳宏さんのリサイタルなどで演奏させて頂きます。

室内楽シリーズ新日本フィルハーモニー交響楽団室内楽シリーズ
11月30日(水)19:15開演 会場:すみだトリフォニーホール 小ホール
ドヴォルジャーク/ピアノ五重奏曲 イ長調 op.81
ブラームス/弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 op.18

内田佳宏チェロリサイタル
12月11日(日)14:00開演  会場:青山音楽堂バロックザール
J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007 プーランク/チェロソナタ
内田佳宏/新作 ブラームス/ヴァイオリンソナタ第3番ニ短調op.108

 

アイルランド、ダブリンにて。撮影:兼重稔宏

よく見るとかわいい「非常口」のピクトグラムが。

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
[第1部] 第28回現音作曲新人賞本選会
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

★一般券2,000円(当日券3,000円)学生券はなんと1,000円!
▼お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net

新人賞ファイナリスト紹介〜その4〜渋谷由香


渋谷由香作品リハーサル風景

渋谷由香《不均等音列による6つの風景2》只今チューニング中! 左からvn竹内弦、vc多井智紀

渋谷由香です。早いもので、まだまだ先と思っていた本選会まであと数日となりました。

今回の作品《不均等音律による6つの風景2(Six Landscapes in Unequal Temperament 2)》ですが、これはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのための作品です。三楽器とも演奏する時に、調弦を変えなければならないのですが、今日は調弦音が実際にどのようになっているか、少しご紹介したいと思います。

通常であれば、

ヴァイオリン G-D-A-E
ヴィオラ   C-G-D-A
チェロ    C-G-D-A

のところ、今回はこのような調弦になっています。

ヴァイオリン As -C-Gis-E
ヴィオラ   C-Gis-Cis-A
チェロ    Des-A-Des-A

さらに・・・実をいうと、これらの音の高さはいわゆる平均律の音の高さとは違う音高になっています(なので、チェロはオクターブで反復しているように見えますが全然オクターブではありません・・・)。

弦楽トリオときいて思い起こされるような音色の世界とは、少し違った音の世界ですが、けれど、旋律楽器としての特色をより強調できる調弦になっていると思っています。皆様、是非足をお運びください。

個人的には、第2部の演奏会、一体何が起こるのだろうと今からドキドキです。「訳あり」って何がですか?!?!と頭の中がモクモクです・・・

 

 

 

 

 

 

●渋谷由香(しぶやゆか)1981年生まれ。東京藝術大学大学院修士課程修了。現在同大学院博士後期課程に在籍中。第19回京都芸術祭新人賞受賞。

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
[第1部] 第28回現音作曲新人賞本選会
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

渋谷 由香/Six Landscapes in Unequal Temperament 2 [作曲2011年/初演]
竹内 弦(ヴァイオリン) 藤原 歌花(ヴィオラ) 多井 智紀(チェロ)

★一般券2,000円(当日券3,000円)学生券はなんと1,000円!
▼お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net

G.アペルギス本人とのセッションで生まれた新アクションも。民俗打楽器「ザルブ」を演奏/畑中明香


ザルブ

アペルギス作品で演奏する打楽器「ザルブ(トンバック)」

世界に開く窓〜訳あり?に出演させて頂く打楽器の畑中明香です。

日本現代音楽協会主催のコンサートと聞いて大変懐かしく思いました。まだ学生の頃、日本現代音楽協会主催「第4回現代音楽演奏コンクール“競楽IV”」に挑戦し、第2位入賞という結果を残す事ができました。この結果は、卒業後も音楽を続けていけるか不安で悩んでいた自分にとって希望となり、またこうして年月を経て演奏させて頂く機会を与えられて、とても感謝しています。

今回のアペルギスの作品はダルムシュタット現代音楽際で、作曲家に何度も練習につきあってもらい、多少楽譜上にないアクションも加えられていますが全て彼とのセッションの中で生まれたものです。こうして作曲家と一緒に創れる所が現代音楽の面白みでもあります。彼の得意とする“言葉遊び”と“蓄積されていくリズム”の魅力を楽しんで頂けるように演奏したいと思います。

 

畑中明香

畑中明香

●畑中明香(はたなかあすか/打楽器)
同志社女子大学学芸学部音楽学科及び専修課程修了。「第4回現代音楽演奏コンクール“競楽IV”」第2位。ドイツ国立カールスルーエ音楽大学を最優秀賞を得て修了。ドイツ連邦文化財団より奨学金を得てEnsemble Modern Akademieのメンバーとしても活動した。2006年ダルムシュタット現代音楽際にてクラーニヒシュタイナー音楽賞受賞。打楽器アンサンブル“シュレーゲル”・“中村功と仲間たち”各メンバー、相愛大学非常勤講師。

▼現音・特別音楽展2011「世界に開く窓〜古往今来」
[第2部] 世界に開く窓〜訳あり!?
2011年11月24日(木)17:30開場/18:00開演
東京オペラシティリサイタルホール

ジョルジュ・アペルギス(ギリシャ)/Le corps à corps [作曲1978年]
畑中 明香(ザルブ)

★一般券2,000円(当日券3,000円)学生券はなんと1,000円!
▼お申し込みは下記まで。
電話:03-3446-3506
電子メール:80th (a) jscm.net