«

»

10月 05

福士則夫のチビテッラ日記〜第10回〜


●第10回「地獄の買い出し」

7月17日(木)、このところ買出しに出掛けるのがいつなのか全く情報がない。城での生活も1ケ月が過ぎ、慣れてきた連中は勝手気ままに車を借りて町のスーパーに行っているのであろう。城の4階にある小さなキッチンにはミルク、珈琲、紅茶、バター、シリアルなどが用意されていて勝手に使えるのであるが、パンやジャム、チーズなどは自分で調達しなければならない。散歩がてら町に買出しに行かないかとのセルジオから声がかかる。他の二人といえば運動が欠かせない巨大な胴回りのジェシカとコーラが手放せないチカ。

ジェシカとチカに支えられて

ジェシカとチカに支えられて

ウンブリアの丘を一望しながら城から一気に下りる往きの道はセルジオが絶賛するだけのことはある景観なのだが、トウモロコシ畑を過ぎ、ひまわり畑近くのアップダウンを繰り返すうちに陽射しの強さにだんだんと不安になる。これで帰りはどうなるのか想像がつかぬまま45分ほど歩いてCOOPスーパーにたどり着く。涼しい店内に入ると帰りのことはすっかり忘れてパンにヨーグルトにチョコレートにプリンにビスケットを袋に詰め込み出発。因みにスーパーの袋は有料で皆ポケットに予めビニール袋を突っ込んでジャワジャワいわせている。店を出ればすぐだらだらと道は上り始めるのだが、歩道の照り返しがきつい。アスファルト道に街路樹はあるが、畑道に入ると木陰はなし。途中で3人ずつ撮ったデジ写真を見ると、地獄を見てしまったたような、こわばった顔のサングラス男がジェシカとチカのこぼれるような作り笑い顔の真ん中で二人に支えられている。二度と見たくない代物である。

結局皆に置いていかれて、ほんの小さな灌木の木陰を見つけては休憩しつつ疲労困憊して城に近づくが、城の外側の塀が見えても、ここからがまた一苦労なのである。防衛上のためもあるだろうが城への道は突然勾配がきつく作られている。本当に死ぬ思いで一歩一歩前進しながら帰りは一時間以上かかったろうか。まずは冷蔵庫に品物を放り込むがチョコレートが薄く広がってグンニャリ融けていた。これが再び固まるとどういう形になるのだろうか想像すると恐ろしい。シャワーを浴びてしばらく身体の回復を待つ事にする。

今日のプレゼンテーションはデーヴィッド通称デーヴィーのピアノエチュード作品とピアノコンツェルト。いつもTシャツの彼が此処に来て以来始めて見るネクタイ姿と作品の内容が共に大真面目だったのは全く予想外の出来事だった。18日はノルチアに小旅行。四方を山に囲まれた盆地の小さな町で、シーズンにはスキーやトレッキングでにぎわう町らしい。いたる所に猪の首や猪そのものが看板になっていて猪のサラミや珍しいチーズが置いてある店が立ち並ぶ。参加者は皆名物品をそれぞれ土産に買っていたが、獣特有の臭い匂いがたまらずここは見物だけで済ます。

デーヴィがネクタイを!

デーヴィがネクタイを!

ウォーッ本物

ウォーッ本物

ノルチアのMonti Sibillini国立公園

ノルチアのMonti Sibillini国立公園

2,000メートル級の裸山を見ながらレストランでミルクソース味のノルチアパスタを食べたが味が曖昧で名物に旨いものなしのお手本、城のオリーブで味付けたパスタのほうがよほど美味い。20日には此処に来て書き始めた女声合唱がようやく終了。ディエゴに聞いて伊訳したタイトルは「BREZZA D’UMBRIA」に決定する。

★次回第11回「カップルのガイド現れる」予告

22日(火)の遠足は城から最も近い街ペルージャに向けて出発。この日と24日にトスカナ地方へ行く旅行のガイドに何故かイタリア人の男女のカップルが雇われてわれわれに同行する。以前ペルージャで活躍していた中田英寿が駆け回ったサッカー場の広い駐車場に車を置き、中心街には自動で運行されているミニモノレールで小高い丘を登っていく…

更新は10月12日(水)です。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です