第30回現音作曲新人賞入選者発表


2013年7月27日(土)午後4時より日本現代音楽協会事務所に於いて、第30回現音作曲新人賞の二次審査が行われ、末吉保雄審査員長、名倉明子・藤井喬梓審査員による厳正な審査の結果、下記の4作品が新人賞候補作品に選ばれました。

11月6日(水)東京オペラシティリサイタルホールにて行われる「第30回現音作曲新人賞本選会」に於いて、演奏審査により新人賞受賞作を決定します(18:30開演予定)。賞金15万円。審査員特別賞「富樫賞」10万円。

 

■入選者(五十音順)

伊藤 巧真(Takuma ITO)
《ものろ・雲・のろぐ》(2013)[編成:Bariton, Tuba]
1987年生まれ。福島大学大学院人間発達文化研究科地域文化創造専攻芸術文化領域(作曲)修了。第17回東京国際室内楽作曲コンクール第2位。作曲を嶋津武仁氏に師事。

川崎 真由子(Mayuko KAWASAKI)
《ピアノ~小笠原鳥類の詩による〜》(2013)[編成:Soprano, Bass Clarinet]
1989年生まれ。国立音楽大学大学院作曲専攻在籍。奏楽堂日本歌曲コンクール第18回作曲部門一般の部第3位。作曲を菊池幸夫氏、音楽理論を山口博史氏に師事。

平野 一郎(Ichiro HIRANO)
《海の幸・天平の面影〜蒲原有明の詩に拠る、ソプラノとピアノの為の二連画》(2013)[編成:Soprano, Piano]
1974年生まれ。京都芸術大学大学院作曲専攻修了。ISCM世界音楽の日々2008ヴィリニュス大会入選。作曲を廣瀬量平、中村典子、北爪道夫、F.ドナトーニ各氏他に師事。

山下 祐加(Yuka YAMASHITA)
《ソプラノとピアノのための練習曲「五十音」》(2013)[編成:Soprano, Piano]
1987年生まれ。東京藝術大学大学院修士課程修了。現在東京成徳短期大学非常勤講師、東京藝術大学教育研究助手。作曲を尾高惇忠、日野原秀彦の各氏に師事。

 

▼応募総数:28作品

▼一次審査(譜面審査)
日時:2013年7月18日(木)15:00
場所:日本現代音楽協会事務所
通過作:9作品

▼二次審査(一次審査通過作品の作曲者によるプレゼンテーション)
日時:2013年7月27日(土)16:00
場所:日本現代音楽協会事務所
通過作(入選作):4作品